有名なED治療薬バイアグラは、有名なだけにニセモノが出回っているようです。ニセモノを服用してしまうと最悪命を落とす危険があるので注意しましょう。特にネットでバイアグラを注文する時は信頼できるところを見極めましょう。

  • ホーム
  • 日本で承認されているバイアグラと海外製の違い

日本で承認されているバイアグラと海外製の違い

落ち込む男の人

バイアグラは米国のファイザー製薬から製造販売されている薬ですが、現在では日本国内でも流通が行われるようになっています。
製造元が一緒であるため海外で使用されているものと日本で承認されているものに大きな違いは無いのですが、ひとつ違いとしてあるのがバイアグラの有効成分量です。
日本国内で流通しているバイアグラは25mgと50mgの二種類ですが、海外では50mgの二倍の有効成分を含む100mgのものも販売されているのです。
従って仮に日本国内で100mg分の有効成分を使いたいと言うことであれば50mgの錠剤を二つ服用しなくてはならないということで違いがあると言えます。
ただ100mgの錠剤が流通していないから何か困ることがあるのかと言われるとそうでもありません。
これはバイアグラに限った話ではありませんが、有効成分量が多いと言うことが必ずしも薬として優れていると言うことにはならないのです。
もちろん有効成分量が多いのであればそれだけ効果は強く出ることになるのですが、効果が強いと言うことはそれだけ副作用も強く出ると言うことです。
そして日本人の平均的な体重はアメリカの平均体重と比べても小さいですから、よほど体格の良い人でも無い限り日本人であれば100mgの錠剤は必要ないのです。
むしろ日本人で100mgの錠剤を服用すると言うのは必要以上の効果が出てしまって結局マイナスになる可能性の方が高いと言えます。
一応国内でも100mgの錠剤は流通させても良いのではないかという意見が出ることがあるのですが、副作用が強く出るリスクが高いこと、現状を見る限り50mgの錠剤があれば困ることはほとんど無いことがあるため今後も100mgの錠剤が流通する可能性は低いでしょう。

人気記事一覧
アーカイブ